このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

ジャイブコンプライアンス

セキュリティとユーザーデータのプライバシーは、Googleが行うすべての中核です。 Jibe RCSサービスは、Googleのワールドクラスのインフラストラクチャでグローバルな規模で実行され、すべてのGoogle製品を保護する同じセキュリティポリシーと手順に支えられています。

Jibeサービスは、広く認識されている業界標準に準拠するように監査されます。

Jibe Cloud、 Jibe Hub 、GoogleのRCSビジネスメッセージングプラットフォームはすべて、ISO 27001、SOC 2、SOC 3の認証を取得しています。

ISO 27001

国際標準化機構(ISO)は、163の国家標準化団体のメンバーシップを持つ独立した非政府国際組織です。

ISO / IEC 27000ファミリの標準は、組織が情報資産を安全に保つのに役立ちます。 ISO / IEC 27001は、情報セキュリティ管理システム(ISMS)の要件を概説および提供するセキュリティ規格です。一連のベストプラクティスを指定し、情報リスクの管理に関するセキュリティ管理策のリストを詳述します。

27001規格は特定の情報セキュリティ管理を義務付けていませんが、Googleはレイアウトの管理のフレームワークとチェックリストを使用して、セキュリティ管理のための包括的かつ継続的に改善されるモデルを確保できます。

Jibe Cloud Platform、およびサポートインフラストラクチャは、ISO 27001準拠として認定されています。

ISO 27000規格ファミリーの詳細をご覧ください。

Jibeのコンプライアンス証明書はこちらから入手できます

SOC 2および3

AICPA保証サービス実行委員会(ASEC)には、システムのセキュリティ、可用性、処理の整合性、およびシステムの機密性とプライバシーに関連する制御の評価に使用される一連の原則と基準(トラストサービスの原則と基準)があります。システムによって処理される情報。

  • セキュリティ :システムは不正なアクセス、使用、または変更から保護されています
  • 可用性 :システムは、コミットまたは合意された状態で操作および使用できます
  • 完全性の処理 :システム処理は完全で、有効で、正確で、タイムリーで、承認されています
  • 機密性 :機密として指定された情報は、コミットまたは合意されたものとして保護されます

SSAE 18 / ISAE 3402:アテステーションエンゲージメントの規格に関するステートメントNo. 18(SSAE 1 8-2017年5月1日から有効)と国際保証規格3402(ISAE 3402)を使用して、目的別にレポートを生成します。組織がその管理について主張する一連の声明を証明する第三者。これは、特定の組織の管理の信頼性の保証を望む顧客など、多くの利害関係者がいる場合に特に有益です。これらの利害関係者は、通常、一般に公開されるよりも詳細なレベルを必要とします。

リクエストに応じて、Jibe RCS Cloudサービスの次のレポートへのアクセスが検討されます。

  • SOC 2 :このレポートは、既存のトラストサービスの原則と基準に基づいています。 SOC 2レポートの目的は、セキュリティ、可用性、処理の整合性、および機密性またはプライバシーに関連する組織の情報システムを評価することです。

    Jibeのサービスにはタイプ2レポートがあり、これらの信頼サービス基準を満たすために、指定された期間中のこれらのコントロールの運用効果をカバーしています。

  • SOC 3 :このレポートは、SOC 2と同様に、既存のSysTrustおよびWebTrustの原則に基づいています。レポートの違いは、実行されたテストに関する詳細を提供しません。